債務整理AtoZ

自己破産は借金いくらからできる?できないと思っている人も必見

自己破産を検討している人の中には、自己破産は借金額が一定額以上でないとできないと思っている人が多いですが、自己破産は明確に借金額いくらからできるというものではありません。
ここでは、自己破産をするときの条件について解説していきます。

「自己破産は借金額いくらからできる?」の答え

自己破産は借金額いくらからでないとできないというものではなく、借金の返済がどうしてもできないということがはっきりしている場合なら行うことができます。
借金の返済がどうしてもできないと判断される基準とは、「支払能力がないこと」「今支払わなければならない借金であること」「返済できないという状況が改善する見込みがなく、客観的に見て返済が不可能であること」といったものがあります。
支払能力がないというのは、収入が明らかに不足している、収入に対して借金の金額が大きすぎるといった状況があげられます。
また、支払いをしなければならない時期が将来ではなく今でないと自己破産できません。
さらに、返済できない状況がすぐに改善しそうな場合は自己破産を行えません。

自己破産は「借金いくらからできる」ではなく返済が不可能ならできる

自己破産ができる明確な借金額の基準はありません。
借金額が100万円以下など少額の場合でも、返済できるだけの収入がなければ自己破産できます。
ただし、任意整理や個人再生で解決できると思われる借金は自己破産できないというルールがあります。
例えば、うつ病にかかって収入がまったくなくなってしまった人は任意整理や個人再生を行うことが難しいと考えられますので、借金額が少額であっても自己破産できる可能性は十分にあります。
逆に、借金額が1000万円くらいあっても、個人再生でじゅうぶん返済できるだけの収入がある人は自己破産できません。

まとめ

自己破産は借金額いくらからできるという明確な基準はありませんが、自己破産ができるのは借金の返済がどうしても不可能であることが明らかである場合に限られます。
ただし、任意整理や個人再生で解決できる借金は自己破産を行えません。
借金額が小さい場合でも返済できるだけの収入がない場合は自己破産が認められる可能性があります。
逆に、借金額が大きい場合でも返済できると思われる収入がある場合は自己破産できません。