債務整理AtoZ

自己破産の意味とは?3つのポイントでメリットを簡単に解説

返しきれない借金で苦しんでいる人にとって、最強の解決手段といえるのが自己破産です。
自己破産では、財産を処分するのとひきかえに借金そのものをすべてなくしてもらうことができます。
ここでは、そんな自己破産のメリットを3つのポイントで簡単に解説していきます。

借金を返せない人は自己破産する意味がある

自己破産の最大のメリットは、借金の返済義務そのものをなくしてもらえるという点です。
自己破産では、裁判所に申し立てをして財産を処分するかわりに、ほぼすべての借金を0円にしてもらえます。
税金や保険料など一部の支払義務は免除されませんが、銀行・クレジットカード会社・消費者金融からの借金はすべてなくしてもらうことが可能なのです。

自己破産すると一文無しになるという意味ではない

よく誤解されがちなのが、自己破産すると財産を処分しなければならないので一文無しになってしまうということです。
自己破産すると財産を処分する必要があるという点は間違っていませんが、自己破産では自由財産とよばれる生活に最低限必要なお金やモノを残すことが認められているので、一文無しにはなりません。
具体的には、99万円以下の現金と、家具・家電・衣類などの生活必需品が処分の対象とならないほか、脚が悪い人の車いすなど生活にどうしても欠かせないものを「自由財産の拡張」として残せる財産の扱いにしてもらえる可能性があります。

自己破産すると差し押さえを受けなくなるという意味もある

自己破産は裁判所を通して行う法的な手続きであり、同じく法的な手続きである強制執行(差し押さえ)を中止させる効力があります。
借金の滞納が続くと裁判に訴えられ、最終的に差し押さえを受けることになりますが、自己破産の手続きを開始すると差し押さえが一時的に中止されます。
その後免責が認められれば、借金がなくなるため差し押さえを無効にすることができるのです。
また、管財事件の場合は自己破産の手続きが始まると差し押さえが失効するので、より早く差し押さえを無効にすることが可能です。

まとめ

自己破産をすると借金がなくなるので、返しきれない借金を抱えている人にとって自己破産は非常に大きな意味のある手続きです。
自己破産すると一文無しになるという意味にはならず、生活に必要なお金やモノは自由財産として残せるので安心です。
また、既に裁判に訴えられていて差し押さえを受けることになる場合でも、自己破産をすれば差し押さえを中止させたり無効にしたりできます。

自己破産に強い西宮の司法書士