債務整理AtoZ

複数社からの借金(多重債務)で苦しい場合は債務整理で解決

借金もひとつであればそれほど返済に苦しむことはないでしょう。返済計画も立てやすいですし、返済額もそれほど無理な額にならないケースが多いですので、問題になることはあまりないでしょう。
基本的にキャッシングやショッピングローンなどは計画的に利用することができれば、とても便利なサービスです。使い方によってはもっと生活を豊かにすることもできるでしょう。

しかし、近年では金融サービスを利用しやすくなっています。そのため、ついつい使いすぎてしまうという方も少なくありません。
特に、複数社からの借金が重なると、毎月の返済額もかなり大きくなってしまいがち。そのため、支払いが難しくなってしまうというケースも少なくありません。

そこで、こういった複数社からの借金を解決するための手段のひとつが債務整理なのです。

債務整理すると学資保険は解約する必要があるの?

債務整理を行うことによって、積み立て型の生命保険を解約しなければならないケースがあります。積み立て型の場合、解約することによって返戻金を受け取ることができるため、その額が20万円以上になる場合、自己破産などを行う際に解約し、債権者に分配されることになるのです。
そのため、手続きを開始する前に解約をするといった対策が必要となります。

では、学資保険の場合はどうなのでしょうか?やはり債務整理をすることによって解約しなければならないケースもあるのでしょうか?

今回はそんな学資保険と債務整理の関係についてお話したいと思います。

債務整理はどうなったら和解?和解成立後はどうする?

キャッシングなどのサービスが一般化したこともあって、借金に対するネガティブなイメージもどんどん少なくなりつつあります。もちろん、借金は上手に利用することができれば、生活を豊かにする上で役立つもの。社会に必要なものであるといってもいいでしょう。
とはいえ、借金をするということには、常に返済することができなくなってしまうというリスクが伴います。
借金が返済できなくなってしまった時の解決手段となるのが、債務整理です。特に多重債務を抱えることになると、毎月の返済額はかなり大きなものとなってしまいますので、支払いが困難になってしまうケースが少なくありません。

そんな債務整理の具体的な流れがわからないことから、行うことができないという方もいらっしゃるでしょう。
今回は、そんな債務整理における決着の形のひとつとなるの和解について解説しましょう。

債務整理をすると不動産売却しなければいけないの?

多額の借金があると、同時に多くのストレスを抱えることになります。借金を背負っていること自体がストレスになることはいうまでもありません。その返済によって生活が圧迫することになれば、さらに大きなストレスを感じることになるでしょう。また、返済が遅延すると、取り立てを受けることになります。

そのため、借金問題が大きな悩みとなってしまうケースも少なくありません。

債務整理はそんな借金問題のストレスから解放してくれる手段のひとつ。しかし、ネガティブなイメージを抱いている方も少なくないかもしれません。
確かに、一定期間の間は金融ブラックリストに入ることになってしまいますので、デメリットも少なくありません。また、財産を全て失うといったイメージを抱いている方も多いのではありませんか?

実際のところはどうなのでしょうか?ここでは債務整理時に不動産などの財産を所有しているケースについてお話したいと思います。

裁判が必要な債務整理とそうでない債務整理がある

債務整理というと、とても複雑な手続きを行って裁判をしなければならないもの…そんなイメージを抱いている方も多いかもしれません。確かに、深刻な借金問題を解決するための手段ですので、簡単には思えないのも無理はないでしょう。
しかし、債務整理は司法書士や弁護士に依頼することによって、本人が直接交渉や難しい手続きをする必要がないというケースも少なくありません。

では、具体的にどのように債務整理は進められるのでしょうか?また、必ず裁判はしなければならないのでしょうか?

今回はそれぞれの債務整理の手続きと、それに伴う裁判について解説していきましょう。
特に、債務整理に対してネガティブなイメージを抱いている方は、ここでご紹介することをしっかりとチェックしてください。

持ち家がある人の債務整理で気を付けること。ローン中?すでに完済?

近年ではキャッシングなどの現金を借りるだけでなく、ショッピングローンといったサービスも簡単に利用できるようになっています。
こういったサービスのおかげで、ちょっと高い買い物をする際や、急な出費にも対応することができるようになっています。

しかし、その一方でお金を借りすぎてしまい、返済が困難になってしまうというケースも増えているといわれます。
借りたときは簡単に返済できるものと考えていても、それが複数になるとか毎月かなりの額を返済に充てることになるでしょう。その結果として生活が圧迫されたり、そもそも返済することができなくなってしまうケースも。

こういった問題を解決するための手段が債務整理ですが、この場合、持ち家などの財産はどうなってしまうの?といった疑問や不安を抱えている方も多いかと思います。
そこで、ここでは債務整理を行った際の持ち家の扱いについて解説したいと思います。

自営業者が債務整理するとどうなる?

昔と比較すると、現代では働き方がかなり多様化しています。一昔前であれば、社会で働く手段として、どこかに就職するという形が一般的で、それが当然だと考えていたという方も多いでしょう。しかし、今日ではネットの普及などによって、自分自身でビジネスをするという方も多くなっています。
しかし、自営業者の場合も、やはり借金を抱えることになれば返済が難しくなってしまうというリスクがあります。突然仕事がうまくいかなくなってしまい、収入が減り、借金の返済が困難になってしまうというケースも少なくありません。

では、自営業者も借金問題を解決するために任意整理をすることは可能なのでしょうか?

今回は自営業者の任意整理についてお話したいと思います。

法人でも債務整理は可能!!メリットとデメリットは?

債務整理は借金による悩みやトラブルを解決するための手段のひとつです。近年では、この制度の存在も広く知られるようになりました。また、昔と違ってネガティブなイメージを少なくなっていますので、この方法によって借金問題を解決することができた!という声もかなり聞かれるようになりました。

債務整理というと、個人レベルの借金問題を解決するためのというイメージを抱いている方も多いようです。しかし、法人として借金問題に苦しんでいるという事業者の方も多いかと思います。
特に、近年では昔と違って企業のハードルもかなり低くなっており、脱サラをして法人を立ち上げ、自分でビジネスをはじめるという方が増えています。

では、法人としての債務整理はどういったものなのでしょうか? /p>

ネットショッピングで負った借金は債務整理で解決しよう

時代の流れとともに、買い物の方法は多様化しています。かつては、実際にお店に足を運んで現金で買い物をするのが当たり前でしたが、近年ではネット買い物をすべて済ませてしまうという方も多くなっています。その支払いに関しても、クレジットカードや電子マネーなどが主流となりました。

カードでの支払いはとても便利ですし、代引きなどと比較すると手数料がかからないケースもあり、お得な一面もあります。
しかし、日本では現金払いの文化が根強い国です。実際に現金で支払わないと「お金をつかっている」という意識が希薄になり、つい使いすぎてしまう傾向にあります。

また、カード払いの場合は、高価な買い物をしても分割払いやリボ払いにすることができますので、ますますお金をつかっている、買い物をしているという意識が希薄になってしまうものです。その結果として借金問題で苦しむことになってしまうケースも少なくありません。
そこで、そんな借金を解決するための手段のひとつが債務整理なのです。

債務整理は生命保険に影響するのか?

毎月の収入の中だけで常にやりくりすることができれば問題はありません。ですが、当たり前の生活を送っていても、急な出費は避けることができません。長く続いた経済不安の影響から、そんな出費に対応できるだけの蓄えを持つこともできないという方も多いでしょう。

そんな方にとって心強い味方となってくれるのが、消費者金融や銀行のキャッシングやカードローンです。近年では、申し込みをしてほんの30分程度で借入ができるといったサービスを展開している業者も登場しており、とても利用しやすくなっています。
しかし、一方でその返済に苦しめられる方も増えているといわれます。そんな借金問題解決のための手段のひとつが債務整理。

ここではそんな債務整理を行う際の生命保険の取り扱いについてお話したいと思います。